So-net無料ブログ作成
検索選択

100回記念 KCBM淡路島 [ツーリング]

カワサキとカワサキバイクマガジンが開催しているKCBMが開催されて今回で100回という記念のKCBM淡路島に参加してきました。

KCBMとは

K・・・カワサキ
C・・・コーヒー
B・・・ブレイク
M・・・ミーティング

の意味です。

途中VFRになったこともあってかなりご無沙汰していましたが、2009年の日吉ダムで開催されて以来の参加となりました。今回は100回記念のゴールドマグカップも発売されるようで。
ちなみに初参加は2000年のKCBM琵琶湖でした。このときも3000台くらい参加があったようです。

他には遠いところでは九州の大分、四国高知など行きました。今までで10回くらい参加したでしょうか。

会場入りの前に淡路SAで集合。高速に乗って近づくにつれてカワサキ車が多くなってきました。しかも遠いところのナンバーのバイクも多数。

淡路SAに入ったらプチKCBM状態。いろんなクラブが集合場所にしていたみたいでバイクがいっぱい。
知らない人が見たらかなりの驚異だったでしょう。しかもお上品なマフラーのバイクがたくさんいますので。

DSC00415.jpg

集合の後に出発。出口はETCレーンがd1カ所のため大渋滞。全然ETCの意味がありませんでした。
SAで驚いていたのですが、会場に入ったらもっと驚くほどの台数。まだ始まってすぐなのに。

DSC00417.jpg

IMG_0784.jpg

IMG_0788.jpg

ちなみにKCBMのメイン駐輪場はカワサキ車しか入れません。他社のバイクはちょっと離れた別駐車場となります。
かなりの台数ですが、帰る頃にはこれと同じくらいの駐輪場が別にありかなり埋まっていました。
場所柄すごく行きやすい場所なのでたくさん集まったのでしょう、鈴鹿で8耐やってなかったらもっと多かったはず。

KCBMと言えば雨がお約束だったのですが、ここ数年は結構晴れている日が多く今日もいいお天気でした。

会場は100回記念で規模も大きく、普段はステージにもなるトラックが1台なのですが、ワークスのトラック2台もきて展示までしていました。

DSC00421.jpg

真ん中がステージ。

DSC00422.jpg

こちらはワークスの展示。

他には協賛のお店の出店や、ライダーのサイン会も開催されていました。
ライダーのサイン待ちの列の他にもう一つ長い列が。

DSC00419.jpg

あまりの暑さにかき氷の列です。この時期の野外のイベントは本当に暑い!!

それで肝心の物について。

IMG_0786.jpg

100回記念のゴールドマグカップとステッカーです。通常はシルバーです。
開催当初はマグカップもくれて、コーヒーもレースクイーンが入れてくれていた物なのですが。
いまはノーマルカップも有料になってしまいました。コーヒーはセルフ。
本当はこのカップでコーヒーを飲んでブレイクなんですが、ホットしかないのでパス。
ゴールドマグカップはきれいに保管しておきます。

イベントはじゃんけん大会や雑誌に載る集合写真の撮影があるのですが、帰りの混雑を考えてすぐに会場から脱出しました。

昼食は明石にある「あづまや」という食堂。

IMG_0790.jpg

一見町の食堂に見えますが、出てくる物がすごいです。

IMG_0791.jpg

お品書きの中にはまぁまぁボリュームって書いてある物も。

IMG_0792.jpg

これはなんでしょうか?

正解は海老カレーうどん。写っている海老は普通に見えますが、かなりしたまで刺さっているので相当な大きさです。これで1000円。他にも海老カレー丼など、他の物もかなりのボリュームでした。
お味の方は、甘めのカレーでうどんとぴったり、ご飯も進みました。
食べ終わる頃には汗だくでお腹いっぱい。後はバイクに乗るのが辛かったです。

これだけ食べたのにもかかわらず、デザートを求めて1時間ほど走行。

ここで紹介はしたことあったかどうかですが、おなじみの西山牧場へ。

IMG_0794.jpg

IMG_0797.jpg

ヤギや牛がたくさんいます。この牛は小さいですが、すぐ近くに大きな牛もいて近くで見れます。
手を伸ばして触れなくもないですが、あまりの大きさで尻込みしてしまいますよ。

この牛たちが作ってくれた牛乳で作られた物がこれ。

IMG_0793.jpg

ジェラートです。今回はミルクとリンゴ。
暑い中走ってきたので格別。そしてクールダウン。

予報では後半から雨の予報なので本日は早いめに帰宅しました。

おまけですが、三木市ではこんなのがあるそうです。

IMG_0795.jpg

ちなみにコミュニティーバスで「みっきぃバス」と言うのもあり、なんか親しみを感じます(笑)

大台ヶ原ツーリング [ツーリング]

梅雨の中休みの晴れの日にツーリングと思い出発したら、梅雨明けしたんですね。
入りも早かったけど明けも早かったですね。

しかし今日は朝から暑かったので出発するかどうか迷いましたが、行ってしまえと思い出発。
先日帰ってきたナビのテストもあったので。

京都から大台ヶ原までは京奈和自動車道をつかって、奈良市内を南下すれば最短ルートですが、それも芸がないのでおなじみの針経由で。

DSC00316.jpg

いつもは道の駅で休憩ですが、向かいのファミマにしました。

針からは宇陀経由でR169を使って川上村へ。

DSC00318.jpg

写真の道の駅は後でも紹介する大淀iセンターとともに、バイクに乗り始めた頃に遠出と言えばこちらか十津川方面が多かったので、たまにしかこないけどすごくなじみがある感じです。

ここからは大台ヶ原まであとちょっと、ではないですね距離はないけど道が狭いので結構しんどいんです。
登りは前にバイクがいてくれたのでいいペースメーカーになってくれました。

DSC00320.jpg

上に到着したら麓とは全く温度が違い走っていると涼しいくらい。10度くらい低いのではないでしょうか。
あいにく雲がかかってしまっていたのでちょっと写真が暗くなっています。
NEX-5Rで撮ったものとiPhoneのものがあるのですが、悲しいかなiPhoneのものが明るく写っています。

せっかく行ったのでハイキングでもすればいいのですが、この先の行程を考えると体力消化は避けたいので休憩をして出発。

IMG_0760.jpg

平日なのにこれだけのバイクが止まっていました。

R169に行くまでにいい撮影スポットがあり停車。

IMG_0761.jpg

DSC00325.jpg

DSC00326.jpg

ここは数年前に来たときも同じところで写真を撮ったはずです。

DSC01137.jpg

同じかなぁ?

R169に戻ってきたら少々南下してR309へ。
この道が大変辛かった、ほぼ1車線でくねくね道。しかも小石が多数路面にあり疲れました。
景色もあまり良くなかったのでかなりの修行でしたね。
それでも途中にみたらい渓谷というのがあって、そのあたりの川がすごくきれいでした。

IMG_0763.jpg

かなり透明度の高い水です。ダムもあったのですが、底の見えるダムは初めてでした。

天川村でツーリングマップルでおいしいと言われる食堂へ行ったのですが、至って普通の食堂でした。知らずに入れば何とも思いませんが、期待していったらがっかりでした。

ここからはr48で北上したかったのですが、途中で通行止めの看板が現れてR309で北上。
もっと手前から看板出してくれよって感じです。
R309もこのあたりからはしっかりした道で走りよい道路。

午後からは気温も上がり休憩の間隔も短くなり黒滝の道の駅で休憩。

DSC00327.jpg

ここは近畿道の駅スタンプラリーで訪れましたね。
道の駅で自販機があるのにゴミ箱がないんです、持ち込みがあるのはわかるけどライダーにとっては厳しいです。

ここからは市街地に出るので気温、エンジンの熱でもうふらふら。信号待ちが腹立たしくなるくらい。

この後もこまめな休憩で先に紹介した大淀iセンター。

IMG_0764.jpg

クーラーの効いた部屋でソフトクリームは天国でしたね。

帰りは京奈和自動車道経由で京都まで。
奈良市内は京奈和自動車道の部分開通の所がありパスするのにかなり楽になっています。

本日は340キロ走行。暑くてファンが回りっぱなしのせいかどうかわかりませんが燃費が悪かったです。
ナビの方は1回も電源が落ちることなく働いてくれました。

MCN43si修理から返ってきました [バイク用品]

本体やらクレードルなど一式をメーカーのユピテルへ送っていたMCN43si(以下ナビ)が1ヶ月弱で返ってきたのに、梅雨やら仕事でそのまま放置されていました。

時間ができたので再び装着。

その前に電源が切れる原因を。
メーカーからの報告によると、クレードルと本体をつなぐ端子部分の腐食という事でした。
それでクレードルの交換となったのですが、既に生産が中止となっており、後継モデルのクレードルとなりました。そのため新たに送ってきたのが後継モデル。

MCN45si

ナビ本体はMCN43siのままです。

何が変わったかというとクレードルに本体を固定の際に旧モデルはクレードルに挟み込んでカチットはさみ込むタイプで、このカチットがぼけてしまって使いにくかったんです。これがクレードルの蓋で固定の爪を出し入れする方式になりました。

もう1点は固定した後にネジで締めるのですが、以前は専用の工具で非常にやりにくかったのが、今回は手で回せるもに変わりました。防犯上きになりますが、離れるときは取り外すので問題ありません。
クレードルの上部中央がそのネジです。

IMG_0743.jpg

IMG_0744.jpg

この開いた蓋しめることによって、本体に引っかかる爪が出る仕組みになっています。
しめた後は手でネジを回して完全に固定します。
(ちょっとピンぼけは失礼します)

クレードル自体の大きさなどは変わっていないので取り付けは以前と全く同じなのでスムーズに終了。
試運転はまだ行っていないので何ともいえませんが、いい感じです。

取り付けが終わった後はかなり久しぶりに洗車を行いました。
前回伊勢に行ったときにかなり虫がへばりついていたのできれいにするのに苦労しました。
完全には取り切れていないので、虫取りスプレーを使わないと行けません。

IMG_0742.jpg

=追記=
後日猛暑の中ツーリングで使いましたが、問題なく働いてくれました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。